スポンサーリンク

ネプチューン名倉潤がヘルニア手術でうつ病を発症させた その原因『侵襲』について調べてみた

芸能

お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤(50)がうつ病を発症し約2カ月間、リハビリのため休養すると所属事務所が1日、発表した。

その原因は、手術の“侵襲(しんしゅう)”という病気だという。

スポンサーリンク

その聞きなれない言葉”侵襲(しんしゅう)”について調べてみた

名倉氏は、ヘルニア手術により、普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症し、休養が必要と医師の診断を受けたという。

それが”侵襲”ということになる。

よりかみ砕いた説明を検索してみると以下の日創研(医療関係のシンクタンク)の説明を発見した。

日総研のレポートによると、

侵襲の正式名は「生体侵襲」という。

侵襲とは,生体内部の恒常性※(ホメオスタシス)(用語①)を乱す,あるいはその可能性のある大小さまざまな刺激のことを言います(図1)。

その刺激は「ストレス因子(ストレッサー)」とも呼ばれ,外部因子と内部因子から成り立ちます。

外部因子には,「麻酔,手術,外傷,熱傷,出血,中毒,感染(細菌性毒素),脱水,低血糖,疼痛,薬剤,低酸素」などがあり,

内部因子には「急性膵炎,悪性腫瘍」などがあります。これらの刺激に対し,生体は必ず何らかの反応を示します。

例えば,出血をすれば凝固系が反応し止血へと向かい,脱水になれば抗利尿ホルモン(ADH)などが分泌され体内水分が保持されるといったことです。

つまり,生体は侵襲(ストレッサーによる刺激)を受けると内部環境が乱れ,恒常性を維持しようとして何らかの反応を示します。

その内部環境が乱れた状態や生体反応を特に「ストレス(用語)と呼ぶ。

ホメオスタシス(homeostasis)は,米国の生理学者ウォルター・B・キャノンが命名した造語です。homeo(同一の)+stasis(状態)から成り立ちます。生体が気温・湿度などの外部環境の変化や,姿勢・運動などの身体的条件の変化に対し,自律神経系や内分泌系などが反応し,体内環境(内部環境)を一定に保つ機能を言います。

出典:侵襲に対する生体反応の基本的メカニズム – 日総研

お笑いだからこその多大なストレスが原因か

手術後のうつは、特にがんなど大病で報告されることが多い。術後が良好でも、漠然とした不安が続くことから引き起こされるとも考えられている。

名倉は現在、ネプチューンとして日本テレビ系「しゃべくり007」、テレビ朝日系「あいつ今何してる?」など、単独でテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」に出演。

特に日テレのお笑い系のトーク番組の看板ともいえる「しゃべくり007」では、名倉は、以前は前列に座りゲストらに鋭いツッコミを入れていたが、今春から後列に座るようになり口数も少なかったとの評判だった。視聴者からは「元気なさそうに見えるけど大丈夫かな」など心配する声も上がっていた。

名倉は「ご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。少しの間休養させて頂きます。体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」と文章を発表した。

ヘルニアがケガとするならば「侵襲」は病気といえる。また真面目で神経質な人ほど、体調が悪かったり、体の一部に違和感があるなどのちょっとした症状も、以前受けた手術と結びつけ思い込んでしまう傾向があるという。お笑いという舞台にいながら「常に自分を大衆の面前に晒す」という宿命を背負いながら、笑いを延じてきた名倉にも、一般人とは違った多大なストレスがあったと考えられる。

大事をとって、また軽快なツッコミを入れるネプチューン名倉の復活に期待したい。

念のため「侵襲」をウィキペディアでも調べてみると、ちょっと難解でした

侵襲(しんしゅう)とは侵入し襲うこと。英語のinvasionの訳語。

医学では、外的要因によって生体内の恒常性を乱す事象全般を指す用語として使われる。この項ではその用法について説明する。

医学用語であるため、一般の感覚と異なる。侵襲とは、「病気」「怪我」だけでなく「手術」「医療処置」のような、「生体を傷つけること」すべてを指す。なぜなら、病態であれその治療であれ、侵襲に対する生体の反応は同じであり、それを知らずして(侵襲を以て)人を治療することはできないからである。英語では、形容詞のinvasiveとして使われるケースが多い。その対義語の non-invasiveは「非侵襲」という。

侵襲 – Wikipedia

やはり説明が「日創研」よろ難解ですが、ともあれケガが起こしてしまう”侵襲”という病気。

大きな気づきを得ました。

再度、名倉氏にお見舞い申し上げますともに、侵襲、をネタにできるくらいの元気なカムバックを期待いたします。

タイトルとURLをコピーしました